副業で「稼ぐ」「稼ぎたい」の心理

本業と副業 思考を変える
スポンサーリンク

世の中には多種多様な生き方があるように、多種多様な稼ぎ方がある。

雇用され賃金を受け取る一般的な稼ぎから、自身のスキルを活用した稼ぎ方。

方法は多様化するが、稼ぎたいと思う心理は普遍的な感情です。

 

おはこんばんにちは、社畜です(=゚ω゚)ノ

最近購入した情報商材の検証を続けているのですが、あまり成績がかんばしくありませんでした。

そこで、この商材をプロトタイプにしてカスタマイズを行っており、そこそこ成果が出る仕様にはなりましたが、もう少しカスタマイズして確度を上げて行こうと思います。

基本はトレードの部類なので、自分が目指す「自動で得られる永続的収入」のカテゴリーには合致しないですが、そこそこ効果が上がってきたら「自己責任が取れる人」へ伝えていこうと考えています。

ブログやアフィリエイト、トレードや様々な投資、世界には多種多様な副業的要素を含んだお金の増やし方、稼ぎ方が存在します。

どれにも共通なのは「運用する側の心理」であると自分は考えます。

今日は、その辺の心理的な影響について自分なりの解釈で書き記したいと思います。

スポンサーリンク

副業で稼ぐ規模を考える

 



あなたが副業を始める理由として「収入を上げたい」「将来への不安」「経済的自由を得たい」などの欲求が一番だと思います。

私も同じ考えですが、常に一番考えているのは「家族へ永続的な収入源を構築して引き継ぐ事」です。

この時に「毎日、毎週、毎月、毎年」の単位で「いくらの収入を確保する」かを明確に考えている人は少ないと思います。

よくあるのが「毎月100万円」や「毎月5万円」、金額は概ね検討は付けるのですが「その根拠がない」場合が多い気がします。

私は「私を抜いた家族4人(妻と子ども3人)が各自で毎月○○万円の自由に使えるお金」と「毎月○○万円さらに貯蓄できる」の両方を合算した金額を目標に設定しています。

単純に家族へ残すのではなく、皆さんの生活費や自由に使えるお金が目標であったとしても「根拠のある金額設定」は非常に重要です。

稼ぐ手法が「フロー型(単発)」か「ストック(積上げ)」か

資産を構築する上で「何に投資するか」が非常に重要です。

株やFXなどの証券系投資は「資産価値が激しく変動する部類」になり、一喜一憂する精神力では投資を継続する事は難しく「短期売買か、スイングトレードか、長期保有による配当狙いなのか」によっても選ぶ銘柄や運用方法は大きく変わってきます

とにかく日々の価格変動が気になる人には向かない投資商品です。

評価額が気になってばかりで、まともに本業の仕事に集中できない状況では「相場に遊ばれる結果」になってしまうので、副業としての短期売買は失敗する可能性が非常に大きいです。

国内株式ともなると、私たちが勤めている時間帯に相場取引が行われるので尚更ですね。

積み上げ型の場合でも当然価格変動はするので、根本的に価格変動が嫌な人は定期積立が一番健全だと思いますが、得られるリターンは時間に対して微々たる結果となります。※億単位なら話しは別ですが

投資を行う上で「積み上げ」と名の付く商品であっても、リスクがゼロなのは定期積立くらいでしょうし、リターン率は低いので実践する価値はないでしょう。

フロービジネスの副業は、労働時間の対価を考えて

Twitterを始めて知ったのですが、かなりの情報商材ビジネスが蔓延はびこっているなと感じます。

残念ながら多くの物は「再現性が低い」「既にオワコンの手法」「論外」な物が多く「契約書などを交わさない」ため、トラブル続出の問題が多い副業です。

消費者庁や税務署なども最近は目を光らせている副業で、そう遠くない時期に色々な規制や取締が始まるのではないかと思います。

金銭の授受を現金払いだけで履歴を残さないように注意している人も居ると聞きますが、理由は書けませんが恐らく無駄な努力で終わる事になると思います(=゚ω゚)ノ

社畜
社畜

販売して一定の売上げが計上されたら、しっかり確定申告しましょうね。

追徴課税額は凄く高額になります。

最大で7年前まで遡られますから。

フロービジネスは情報商材の他にも転売や趣味で作った作品をネットで販売、家庭の不要品をフリマアプリで販売するなど色々な方法がありますが、必要になるのは「手間」「外注費」「時間の拘束」「クレーム対応」など、労働力を必要とすることになります。

慣れてしまえば簡単かもしれませんが、私はサラリーマンをしているので、この副業には手を出さないようにしています。

一番の理由は「クレーム対応」や「アフター対応」に時間を割かれたくないからです。

フロービジネスはエンドレスで売り続けなければならない

利益率を高く設定可能なフロービジネスですが、副業で脱落してしまう理由の中に「売り続けるプレッシャー」や「売れなければ収入が途絶える怖さ」が上げられます。

副業として、緩い感じで行うのであれば良いのですが「本業にする」と考えた場合、常に売れる商品の選定、購入者のクレームなどのトラブルも加味した上で運用する事が大切です。

クレームを放置した場合、消費者庁や酷い場合は訴訟を起こされる事もあるので副業レベルでは済まされない場合もあり、しっかり顧客と向き合って対応する事が良いと思います。

常に売り続けなければならないビジネスですから、本業より精神重圧が過度にかかってしまっては本末転倒です。

売り物が違うだけで結局は本業とやってる事は大した変わりない、なんてオチもあるので、収入に見合う労働力で対応出来るかが重要です。

社畜
社畜

物を売り続ける商売は独立するよりも副業レベルで続けた方が良いと思います。

生活に関わる収入源は「売れても売れなくても確保」しておく事が大切です。

コロナでフロービジネスの難しさは明確に露呈されましたよね。

情報商材販売の落とし穴

情報商材の販売は、最初に商材を作ってさえしまえば後は商品PRで購入して頂くのを待つだけの副業ですが、これが意外と問題点が多いのです。

販売実績を管理しながら確定申告を行うのは当然の事ですが、情報商材で一番トラブルが多いのは購入者からのクレーム対応。

誠心誠意対応していても、購入者が納得できなければ問題は解決せず泥沼のように事態は悪化していきます。

このリスクを考えず「簡単に稼げる」と考え、手を出す人が多いのではないでしょうか。

昨今では消費者庁もこの問題を軽視できない状況になっていますので、捉え方ひとつで「詐欺」と判断されたら大変です。

売買契約書やクーリングオフ制度の書面を作成し取引する必要性が今後は出てくる事になると思いますので手間がかかりそうです。

 



心理的負荷とリターンを考慮する

副業は「気軽に」「短時間で」と考える人が多いので成果に結びつく事が難しいものです。

次は「直ぐに稼ぎたい」というのが副業心理ですから、そんな副業があるなら自分が始めたいくらいです。

軌道に乗るまで時間もかかり、手間暇もかかる事になるので「簡単に誰でも儲けられる」と言うキャッチフレーズで安易に手を出すことは絶対に止めた方が良いです。

稼ぎたい心理は、時に冷静な判断を鈍らせてしまい「都合の良い判断」を下してしまう事も多々あります。

Twitterでは「即行動」「考えていても何も変わらない」などの煽りの表現が目立ちますが、一番大事なのは「冷静に判断」し「納得して始める」という事です。

行動は大切だが、焦る必要は絶対にない

仮に「今日から、今すぐ始めないと成功しない」と言う副業であるなら、潔く諦めてください。

今この瞬間に始めないと儲けられない、早く始めないと儲けが減るのは「ネズミ講」や「詐欺の常とう手段」でしかありません。

○○さんに会って説明を聞いて欲しい系も、ほぼ詐欺まがいな商品です。

似たような被害に遭われた人達がブログなどに書き込んでいる事も多いので、少し冷静になって下調べさえ行えば、あなたに蔓延はびこる詐欺から身を守ることができます。

副業を育てる心理が大事

最初から数十万円も初期投資が必要な物は副業とは言いません。

それは完全に本業のレベルであり、大抵は情報弱者の人が泣きを見る事となります。

初期投資が少なく始められるブログなどは、当然ながら競争相手も多いので成功する確率は低くなります。

大切なのは「副業は副業だから」と割り切って「収入規模を育てる長い目で見る心理」が大切であって、直ぐにボロ儲けしたい心理を捨てる事です。

一代で財を築いた人達も最初からボロ儲けで始められた人は希であり、小さく始めた事業を継続し、問題点を改善し、PDCAを繰り返した結果として財を築いたのです。

簡単に儲けられる仕事は「一瞬で収入が途切れる」「違法性や詐欺まがいの被害に遭う」と思って下さい。

大切な事は「冷静な心理」と「継続の心理」であり、真の成功者で「焦って財を築いた人はいない」と思って頂ければ良いと思います。

社畜
社畜

大家業は不動産投資の部類に入りますが、根底は事業のジャンルに入ります。

初期投資に数百万単位のお金が必要ですが、ミドルリスク・ロングリターンが期待できるため、副業と言いながらも実際は事業なのです。

副業は副業と割り切れるなら、急がず焦らずが一番

副業を将来的に本業として生きていく場合でも同じで、急いだり焦ったりしない方が良い結果が出ています。

一定の安定的な収入と肉体的・精神的な安定が確保できたら本業にシフトするかを考え、その間に構築した人脈やスキルが活かんなく発揮できるのではないでしょうか。

一日も早く今の環境から抜け出したく、悠長な事は言ってられないのであれば「それもあなたの人生です」としか言えません。

私の周囲にいる成功者は「何か急いで事を成した人に、最後まで成功している人は皆無」と言う内輪的な格言があります。

その副業で、この先も何十年と稼ぎ続けられるかを考えて独立する人が、あまりに少なすぎるためです。

この意味、理解できるのであれば真の成功者に成りうる最低限の資質があると思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました