入居者からのクレーム(騒音編)

クレーム 社畜の労働日記
スポンサーリンク

賃貸管理業に転職し1週間が経過し、色々なクレーム対応をする中で気になるのが騒音クレーム。

共同住宅に住む以上は多少なりとも気になる事でしょうが、最近の入居者は戸建て住宅と勘違いしているようなクレームも多いようで。

 

おはこんばんにちは、社畜です(=゚ω゚)ノ

不動産の色々な事を学びたくて始めた賃貸管理会社への転職ですが、日々連絡が来る多種多様なクレームに「色んな考えの入居者がいるもんだ」と感心しています。

共通しているのは「自分は被害者だ」「改善できないなら解約するぞ」的な強気の訴えなのは共通ですけどね(笑)

スポンサーリンク

騒音に関するクレームも色々

共同住宅に住む人たちの生活リズムは様々な人がいます。

一般的な日勤勤務もあれば夜勤やシフト制勤務など、生活時間も多種多様です。

ですが、そこに住む人たちにとっての基準は「自分の生活時間」となるため、案外多いのが生活リズムの違いから発生する騒音クレームです。

夜勤の方が部屋に戻り就寝するのは朝方です。

一方で日勤の方々は朝に出勤準備を始めるわけで、生活習慣が違うので当然ながら部屋で動く時間が違います。

隣接の部屋が騒がしくて眠れない

今回のクレームは就寝したくても周囲の部屋が騒がしく眠れない、との事。

具体的な騒音状況を聞いていると「足音」や「ドアの開閉音」「共用部分を歩く音」「車のアイドリング音」「ドライヤー音」です。

騒音が聞こえる時間帯を聞くと朝方との事で

🐶「朝は皆さま身支度で多少の音は出るかと・・・」

👩「私は夜勤が多いので、朝に音を出されると眠れません!」

あぁ~面倒な自己中入居者だな~と思いつつ

🐶「実はですね、その周囲の入居様から夜にバタバタと生活音がウルサイとのお声も出てまして」

👩「身支度しなきゃ会社に行けないんだから仕方ないでしょ!」

🐶「それって、今おっしゃられた事と一緒ですよね?」

👩「何?じゃあ私だけ悪者のなの?あんた何様よ!」

🐶「と、周囲の方も同じことを思うと思いませんか?」

以下、無限ループ状態が続き、最終的には毎回電話をブチ切りされて終わります。

台所から男性の声が聞こえて怖い

この手のクレームは、大抵が台所方面に共用廊下が設置されている物件です。

入居者としては「ここ事故物件だったのでは?」と言ってくる人もおられますが、99%近隣の入居者が電話しながらとか、誰かと会話しながら廊下を歩いているだけです。

何ですかね、部屋を解約して戸建て住宅でも借りれば良いのに(笑)

最終的に入居全体へ「夜間での共用廊下ではお静かに」の注意喚起分を配布するのですが、この手の案件は騒音と言えるレベルなのかは不明です。

共同住宅に住んでいる意識を持ちましょう

まれに凄く大きな音や部屋で騒ぐ馬鹿者は確かに存在しますが、日常レベルの生活音を注意してしまうと「ここの住人で神経質な人がいる」と感じて短期解約してしまう人もいるので、管理会社的には判断が難しいところです。

根本的な解決策は注意分を配布したり、あまりにウルサイ部屋は特定して個人に注意を促すくらいしかできません。

そして常に思うのは、クレーム入れてくる神経質な人は

嫌なら他の物件に引越しなさい、です。

↓ブログ村に参加はじめました。ポチッと応援よろしく(`・ω・´)シャキーン

にほんブログ村 その他日記ブログ 底辺男日記
にほんブログ村

コメント

タイトルとURLをコピーしました